※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

【山陽新幹線の自由席】「こだま」全列車の自由席がある号車を解説

スポンサーリンク

はじめに

山陽新幹線には座席指定が不要な自由席の設定がある「こだま」が運転されています。

山陽新幹線「こだま」の運転区間は、「新大阪~博多」です。

ご案内

山陽新幹線「こだま」の自由席は基本的には【1~3号車にあります。
山陽新幹線「こだま」の自由席が何号車にあるかを調べるときにご利用ください。

※列車一覧から調べたい場合はこちら
※号車から調べたい場合はこちら

車内設備

N700系(16両編成)

普通車自由席、グリーン車があります。

1~7・11~16号車は普通車自由席で、A席~E席の「3列(A/B/C席)+2列(D/E席)シート」です。

8~10号車はグリーン車です。

グリーン券は車内で発売します。

N700系(8両編成)

普通車自由席、普通車指定席、グリーン車があります。

1~3号車は、A席~E席の「3列(A/B/C席)+2列(D/E席)シート」です。

4~8号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

6号車は普通車指定席とグリーン車が半室ずつです。

700系(8両編成)

普通車自由席、普通車指定席があります。(グリーン車はありません。)

1~3号車は、A席~E席の「3列(A/B/C席)+2列(D/E席)シート」です。

4~8号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

500系

普通車自由席、普通車指定席があります。(グリーン車はありません。)

1~3号車は、A席~E席の「3列(A/B/C席)+2列(D/E席)シート」です。

4~6号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

列車別一覧表

山陽新幹線「こだま」はN700系16両編成、N700系8両編成、700系8両編成、500系8両編成のいずれかを使用して運転されています。

下り(博多方面)

※一覧表は横スクロールできます

列車名自由席車両形式両数備考
こだま7711~7・11~16号車N700系16両全車自由席(グリーン車以外)
こだま7731~8号車700系8両全車自由席
こだま7751~4・7・8号車700系8両 
こだま7771~8号車700系8両全車自由席
こだま7791~8号車700系8両全車自由席
こだま7811~4・7・8号車700系8両 
こだま8311~4・7・8号車700系8両 
こだま7831~8号車N700系8両全車自由席(グリーン車以外)
こだま8331~4・7・8号車700系8両 
こだま8351~4・7・8号車500系8両 
こだま8371~3・7・8号車700系8両 
こだま8391~3・7・8号車700系8両 
こだま8411~3・7・8号車500系8両 
こだま8431~3・7・8号車700系8両 
こだま8451~3号車700系8両 
こだま8471~3号車700系8両 
こだま8491~3・7・8号車500系8両 
こだま8511~3・7・8号車500系8両 
こだま8531~3・7・8号車700系8両 
こだま7851~8号車700系8両全車自由席
こだま8551~3・7・8号車700系8両 
こだま8571~3・7・8号車500系8両 
こだま8591~3・7・8号車700系8両 
こだま8611~3・7・8号車500系8両 
こだま8631~3・7・8号車700系8両 
こだま8651~3号車700系8両 
こだま8671~3・7・8号車700系8両 
こだま8691~3・7・8号車700系8両 
こだま8711~3・7・8号車N700系8両 
こだま7891~4・7・8号車700系8両 
こだま8731~3・7・8号車700系8両 
こだま8751~3・7・8号車N700系8両 
こだま8771~4・7・8号車700系8両 
山陽新幹線 こだま 自由席 下り

上り(東京方面)

※一覧表は横スクロールできます

列車名自由席車両形式編成両数備考
こだま8301~3・7・8号車N700系8両 
こだま8321~4・7・8号車700系8両 
こだま8341~4・7・8号車N700系8両 
こだま8361~3・7・8号車700系8両 
こだま8381~3・7・8号車700系8両 
こだま8401~3号車700系8両 
こだま8421~3・7・8号車500系8両 
こだま7701~8号車700系8両全車自由席
こだま8441~3・7・8号車500系8両 
こだま8461~3・7・8号車700系8両 
こだま7721~8号車N700系8両全車自由席(グリーン車以外)
こだま8481~3・7・8号車700系8両 
こだま8501~3・7・8号車500系8両 
こだま8521~3・7・8号車700系8両 
こだま8541~3・7・8号車500系8両 
こだま8561~3号車700系8両 
こだま8581~3号車700系8両 
こだま8601~3号車700系8両 
こだま8621~3・7・8号車700系8両 
こだま8641~3・7・8号車500系8両 
こだま7741~8号車700系8両全車自由席
こだま8661~3号車700系8両 
こだま7761~3・7・8号車700系8両 
こだま8681~3・7・8号車500系8両 
こだま8701~3・7・8号車700系8両 
こだま8721~3・7・8号車700系8両 
こだま8741~4・7・8号車500系8両 
こだま8761~4・7・8号車700系8両 
こだま7801~8号車700系8両全車自由席
こだま7821~7・11~16号車N700系16両全車自由席(グリーン車以外)
こだま7841~8号車700系8両全車自由席
山陽新幹線 こだま 自由席 上り

自由席がある号車

「こだま」に使用されている編成は4種類あり、16両編成×1種類、8両編成×3種類があります。

編成ごとの自由席がある号車の一覧です。

N700系(16両編成)

1~7号車・11~16号車が自由席

グリーン車以外の普通車全車自由席です。

【下り(博多方面)】
〔こだま771号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま782号〕

こだま 自由席 N700系 16両
こだま 自由席 N700系 16両

N700系(8両編成)

1~8号車が自由席

グリーン車以外の普通車全車自由席です。

【下り(博多方面)】
〔こだま783号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま772号〕

こだま 自由席 N700系 8両 その1
こだま 自由席 N700系 8両 その1

1~4・7・8号車が自由席

【上り(新大阪方面)】
〔こだま834号〕

こだま 自由席 N700系 8両 その2
こだま 自由席 N700系 8両 その2

1~3・7・8号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま871号・こだま875号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま830号〕

こだま 自由席 N700系 8両 その3
こだま 自由席 N700系 8両 その3

700系

1~8号車が自由席

全車自由席です。

【下り(博多方面)】
〔こだま773号・こだま777号・こだま779号・こだま785号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま770号・こだま774号・こだま780号・こだま784号〕

こだま 自由席 700系 その1
こだま 自由席 700系 その1

1~4・7・8号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま775号・こだま781号・こだま831号・こだま833号・こだま789号・こだま877号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま832号・こだま876号〕

こだま 自由席 700系 その2
こだま 自由席 700系 その2

1~3・7・8号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま837号・こだま839号・こだま843号・こだま853号・こだま855号・こだま859号・こだま863号・こだま867号・こだま869号・こだま873号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま836号・こだま838号・こだま846号・こだま848号・こだま852号・こだま862号・こだま776号・こだま870号・こだま872号〕

こだま 自由席 700系 その3
こだま 自由席 700系 その3

1~3号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま845号・こだま847号・こだま865号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま840号・こだま856号・こだま858号・こだま860号・こだま866号〕

こだま 自由席 700系 その4
こだま 自由席 700系 その4

500系

1~4・7・8号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま835号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま874号〕

こだま 自由席 500系 その1
こだま 自由席 500系 その1

1~3・7・8号車が自由席

【下り(博多方面)】
〔こだま841号・こだま849号・こだま851号・こだま857号・こだま861号〕

【上り(新大阪方面)】
〔こだま842号・こだま844号・こだま850号・こだま854号・こだま864号・こだま868号〕

こだま 自由席 500系 その2
こだま 自由席 500系 その2

狙い目の号車

車両形式ごとに「3人掛けを2人用」や「2列&2列シート」といった、快適に座ることができる号車が存在します。

いずれも自由席で使用される場合、自由席の料金で乗車することができます。

N700系(16両編成)

7号車の6~10番A席/C席は「S WorkPシート」として3人掛け(A/B/C席)中央のB席にパーティションを設置して2人掛けとして利用することができます。

N700系(8両編成)

4~8号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

横幅が広い座席でゆったりと座ることができます。

700系

4~8号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

横幅が広い座席でゆったりと座ることができます。

500系

4~6号車は、A席~D席の「2列(A/B席)+2列(C/D席)シート」です。

横幅が広い座席でゆったりと座ることができます。

まとめ

山陽新幹線の「こだま」の自由席がある号車をまとめました。

この記事で自由席の位置を確認して快適な旅をお楽しみください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました